水の飲み方を考える

水の過剰摂取でおこる肝臓の症状

水の飲みすぎによる中毒の危険性

水を摂取することは身体にとって大切なことですが、摂りすぎは中毒を起こす危険があり、注意が必要です。腎臓の処理機能は毎分16ml程度とされていて、これを上回る量を摂取すると、腸から吸収された水分によって血中の塩分濃度をさげ、低ナトリウム血症などの中毒症状を引き起こします。初期段階の症状では頭痛、吐き気、嘔吐などがあり、ひどくなるとけいれんや意識障害なども引き起こします。食事からでも一日に1000ml程度は摂取できるとされています。暑いときなどつい飲みすぎてしまいますが、ほどほどにすることが大事です。

中毒症状と原因について

水中毒は、人間の腎臓が持つ最大の利尿速度が超えてしまう速度で水分を摂取することにより、細胞が膨張化することで起こります。結果、低ナトリウム血症を引き起こしてしまいます。症状としては、お腹の周りを軽くたたくとチャプチャプと音が聞こえる、下半身太りの状態になってしまっている、脚のスネを指で押して、指を放したときに凹みが残らないまま指のあとが残ってしまったりしている状態になってしまう等があります。軽度な疲労感や、頭痛、嘔吐の症状、気分変動、神経過敏、注意散漫、さらには意識不明に陥ってしまう場合があります。

↑PAGE TOP