水中毒の具体的症状

過剰な水分補給で水中毒を生じる

水太りを引き起こす水中毒

過剰に水分を摂取することで水中毒を生じます。具体的な症状は、人間の腎臓の機能の利尿速度は毎分16mlで、これを超えてしまい体内の細胞が膨張化し、希釈性低ナトリウム血症やけいれんを生じ、重症の場合は死にいたります。そして、この症状は、血液循環とリンパの流れを悪化させてしまいますので、結果的に水太りを引き起こしてしまいます。特に、水太りは下半身に症状が見られます。それは、血液の循環が悪いことにより、心臓から遠い下半身の血液やリンパにしっかりと圧力がかからず、体の下部に老廃物や毒素がたまってしまうからです。

予防のための正しい飲み方

水中毒にならないための予防として、全く飲まないわけにもいかないためならないための飲み方が重要となります。まず、水を冷やしすぎないこと、少しずつ喉が渇いたと思う前にのむ、よく運動する方や太っている方は、2ℓそれ以外の方の場合は1,5ℓ飲むことが適量となります。また多汗症の方は塩分の補給も忘れずに行う必要があります。トイレは我慢せずにしっかりと排泄も行うことも大切なこととなります。一日に必要な量としては、上限は2ℓまでが無難となっております。水を飲む場合には、適量をゆっくり飲むようにすることが大切です。

↑PAGE TOP